Amazon保留金未払い問題を弁護士に聞いてみた

あなたのアカウントにある日突然襲い掛かる「アカウント調査」。調査になると、あなたのストアフロントの商品がすべてAmazon内に表示されなくなります。

そうです。アカウント調査になった瞬間に、売上がピターッと止まってしまいます。復活するまであなたの売り上げは完全にゼロになります。

在庫はすべて滞留。早急にアカウントを復活させないと、Amazonからの入金を次回のカードの支払いに回している人は・・・・・。

そんな時に、2個目、3個目のアカウントがあれば、在庫を一度返送して商品を移動することで売上を上げ続けることができます。

ちなみに、アカウントを作りたいだけいくらでも作る方法はこちら

 

 

この方法を知っていれば、本人確認がほぼ必須になった2019年以降でも「何個でも」Amazonアカウントを作ることができちゃいます。

 

別のアカウントがあれば、商品在庫を移動させることで「売上をとめない」ということは可能ですが、どうしても避けられないのが「停止アカウントの売上金の振込み保留」です。

 

売上金未払い問題の現状

アカウントが停止になると、それまでのあなた自身の売上金が「振込されない」という状態になります。

Amazonは、停止になったアカウントに関して「売上金を保留します」ということをAmazon規約に記載しています。

規約に記載されているということは、「Amazonマーケットプレイス」をお借りしてビジネスをさせてもらっているセラーは、その規約には当然従いなさい・・、それが嫌ならAmazonに参加しなくていいですよ・・・、というのが、暗黙のルールというか、Amazon「様」の「超俺様ルール」「王様ルール」となっています。

※わざと「様」をつけています^^;

 

この「売上金の保留」のルールがあることで、「もうすぐ振り込まれるはずの売上金が入金されない!」ということになってしまい、仕入れ代金の支払いができずに困っているセラーが多くいらっしゃいます。

この記事は、【Amazon王政】の一方的なルール「売上金の保留」について、いくらAmazonという企業が設定しているルールとはいえ、セラーの売上金を勝手に保留するなんて「本当にいいの?」「法律的には問題はないの?」というのがこの記事の主題になります。

 

アカウント復活と保留金解除

普段わたしの元には、「アカウントが停止してしまいました。なんとか復活できませんか?」というご相談が多数寄せられます。

  • 真贋調査
  • 知的財産権の侵害
  • 出荷遅延
  • 出品禁止商品の出品
  • 紐づき閉鎖

など、多くの理由でアカウントが停止されますが、私にご相談いただいた方に関しては、まもなくアカウント復活成功者の人数が100人になります。

※アカウント復活成功の記事はこちら

 

Amazonに保留された売上金は、「アカウント復活」したら何がどうであっても100%保留金は回復します。一番手っ取り早く保留金を振り込ませる方法は「アカウント再開」であることは間違いありません。

それはもちろんそうなんですが、この記事は、「売上金を勝手に保留するってどうなの?」ということが主旨です。

 

保留金はいつ振り込まれるの?時期は?条件は?

アカウントが停止してしまって、「保留された!」という状況になって、この記事を検索からご覧いただいている方も多いようです。

あなたのアカウントが停止された理由はなんでしょうか?

その理由が「真贋調査」だった場合!

あなたの保留金は、〇日経過しても自然に振り込まれるということはありません。90日経過?180日経過?「待っていれば自然に振り込まれるからガマンしよう」と時々聞くことがありますが、残念ながら、あなたの保留金は自然に振り込まれることは永久にありません。

永久凍結!

なかなかの「ぶっ飛びルール」を突き付けてきますよね、Amazon「様」は。

しかも、あなたの扱っている商品が正真正銘の「正規品」であったとしても!ですよ。

【商品が「正規品」であること】

これをAmazonに認めてもらえなければ、保留金は永久に振り込まれないんです。

 

正規品なのに売上金が振り込まれない!?

あなたのストアで販売している商品がメーカー品の100%確実な正規品であったとしても、Amazonからある日突然、

「あなたのアカウント調査します。下記のASINの過去365日以内の請求書を提出してください。」

というメールが届き、適切な資料を提出できないと、

「はい、あなたのアカウントは再開しません。売上金は保留です。」

という鉄槌がくだります。

スパーンと簡単にアカウント停止、売上金を保留にしてくるのがAmazonです。

(そのかわり、商品自体が正規品であるかどうかが不明な場合でも、適切な対応をすればアカウントを再開させることができます。このノウハウに関してはわたしが独自で開発した交渉で、日本国内で私だけがご案内できるノウハウです。私に直接ご相談ください。)

正直、私はAmazonのこういった姿勢に非常に疑問を感じたんです。

3つくらのASINをランダムに抽出してセラーに対して「請求書だしてね」というメールを送信。この調査に対して適切な書類を用意できなかったら、商品自体が正規品だとしても有無をいわさず売上金は永久に没収。

まさかとは思いますが、Amazonさん・・・、

セラーに対してランダムな調査をしかけて、ちゃんと対応できないセラーの売上金を没収する!ということがアマゾンの収入の柱の1本になっている???

もしやそれが目的でAmazon規約を設定してセラーの売上金を「勝手に」保留できる仕組みを作っているのでは???と思われても仕方がないくらい、本当に理不尽なルールだと思います。

これって法律的にどうなの?と疑問を持った私は、弁護士に直接お話を聞いてみました。

 

Amazon未払い問題の弁護士の見解は?

私の大学時代に親しくしていた先輩がいま弁護士になって、リアルに自分の弁護士事務所を開設している人がいるので、その先輩に法律の専門家として、このAmazonの超俺様ルールについて、法律的な見解を聞きてみました。

弁護士の立場としての見解は次の通り。

  • Amazonという世界的な企業であっても、いち企業が定めた規約よりも日本国内においては、当然日本の法律が優先される。
  • 販売している商品が正規品であるかどうかの審査期間の間に「保留」することは法律違反とはいえない
  • 商品が偽物であった場合、販売者に売上金を振り込まないことは法律違反とはいえない
  • 商品が正規品である証拠資料を提出しているにもかかわらず、明確な理由の開示もなく売上金を振り込まないことは法律違反の可能性がある

弁護士からいろんなお話をしていただいたのですが、大きくポイントをまとめると上記の通りです。

その中でも大事なポイントは4番目の

  • 商品が正規品である証拠資料を提出しているにもかかわらず、明確な理由の開示もなく売上金を振り込まないことは法律違反の可能性がある

というところですね。

Amazon実際に保留金の解除交渉をして、成功した場合には、下記のメールが送られてきます。

〇〇様

申し立てをお送りいただきありがとうございます。出品者様のアカウントの審査が完了し、出品者様のすべての売上金を次回の決済日にお支払いすることになりました。

今しばらくお待ちいただきますよう、お願い申し上げます。

アカウントスペシャリスト

 

また審査によって保留金の解除を拒絶された場合にAmazonから届くメールは下記のものです。

 

〇〇様

ご提供いただきました情報を確認し、出品者様のアカウントの審査を完了しました。その結果、出品者様への売上金の支払いは差し控えさせていただくことになりました。ビジネスの性質上、調査方法の詳細をお知らせすることは控えさせていただきます。

出品者様のアカウントのステータスまたは売上金の恒久的な保留に関して、これ以上Eメールを頂戴しても返答できない場合がございます。
アカウントスペシャリスト

 

このメール文面を読んでいただければ、「売上金を恒久的に保留」するということを伝える内容であるにも関わらず、その理由を一切記載していないことがおわかりいただけると思います。

この点が、弁護士の見解によれば法律違反にあたる可能性があるということです。

常識的に考えれば当たり前だと思いませんか?

人の資金を勝手に没収しておいて、その理由は言いません!って、そんなの普通におかしいというのは法律の専門家ではなくても、だれでも感じることではないでしょうか。

 

数を集めて弁護士を通して保留金解除を訴えてみる

わたしには、日々、多くのアカウント復活のご相談、保留金解除のご相談をいただいております。

「保留金解除のご相談」をお寄せいただく方の中には、「500万保留されて困っている」など、高額な資金を理由もわからないままAmazonに没収されている人もいて、弁護士の先輩と何かできることはないか、いま話を詰めております。

たとえばこんなことができそうだと話しています。

今は一人ひとりが「保留金を解除してほしい」とAmazonにメールを送るというのが現状の交渉手段になっていますが、日々、多くのかたからご相談をいただく私の立場と、先輩の「弁護士」という立場を組み合わせたら、

  • 集団の声として
  • 弁護士を通して

Amazonに保留金の解除を請求することも可能になります。

実際に、一人で交渉した時には解除されなかった人が、人数を集めて交渉したところ保留金の解除に成功した実例があるということも聞いたことがあります。

これを3人、4人という人数ではなく、このOSA-Styleのブログを通じて日々多くのご相談をいただく状況があるため、50人、100人、それ以上の人数でひとつのグループを形成して、さらには「弁護士を通じて」Amazonに対して交渉をしかけていきたいと考えています。

今はまだ、私と弁護士との間で、かなり多くの方を売上金の未払い問題から救うことができそうだという話しをしている段階です。

実際に動き出すためには、さらにこまかい部分の打ち合わせを行って、期間、必要な資料、契約内容など詳細をどんどん詰める必要があります。

保留金解除の集団交渉の準備が整いましたら私のLINE@から一番に報告します。いま、売上金の未払い保留問題で困っている方。また今は保留問題はない方。どちらの状況の方も、保留金解除の最新情報が欲しい方は、こちらからLINE@に登録してください。

 

アカウント再開と保留金解除

この記事の前半でも記載しましたが、真贋調査からのアカウント停止になった場合の売上金の恒久的な保留を保留金の交渉解除ではなく、一番手っ取り早く100%解除させるための間違いのない方法は「アカウントを再開させること」です。

今回の記事は、アカウント停止になった方がご自身で再開の交渉をやってみたけどアカウントスペシャリストに再開を認めてもらえなかった。そんな状況でもなんとか保留金だけでも解除させたい!というケースのお話しです

アカウント再開に関しては、100人以上の再開の成功実績をもつOSAが一人ひとりの状況に合わせてアカウント再開のお手伝いをさせていただきます。

アカウント再開のご相談に関して、LINE@からメッセージを送ってください。

 

アマゾンアカウントの複数作成の方法を知りたい方はこちら

 

アカウント停止の調査でお困りの方はこちら

コメントを残す




CAPTCHA