Amazonアカウント停止から閉鎖削除に!からの復活成功パターン全事例

ある日突然やってくるAmazonからの「重要なお知らせ」。このメールがきて嬉しい!と感じる方はおそらくいらっしゃらないのではないでしょうか。

「げっ!」と思う方が大半ではないかと思います。

恐る恐るメールを開いてみると・・・

「あなたのアカウントを一時的に閉鎖しました。」

あああ!!来てしまった。

そんな時に、一番やってはいけない対応はドタバタとAmazonに対して適当な返信メールを送信してしまうこと。

ビックリしてしまって頭が真っ白になる気持ちはよくわかります。わたし自身もAmazon販売をはじめて1年経過したころに、「アカウント停止」の経験があるので、あの時の心境は忘れません。

でも、そんな時に、「えー!!!ヤバイ!どうしよう!」とパニックになってしまい、わけもわからずAmazonにメールを送信してしまうことが最悪の対応です。

まずは、慌てずにこちらの記事を。

 

 

上の記事をご覧いただければお分かりいただけますように、私のもとには

「アカウントが停止しました。どうすればいいですか?」
「アカウント閉鎖からでも復活はできるのでしょうか?」

とのご相談を数多くいただき、2019年2月現在時点で、これまで約80名ほどの方から様々なケースでのご相談をいただいております。

  • 真贋調査からのアカウント閉鎖
  • 商標権侵害から閉鎖
  • 使用していないアカウントとの紐づき閉鎖
  • 発送遅延等のパフォーマンスの低下による閉鎖
  • 並行輸入品のカタログ違い販売による閉鎖

これらの閉鎖理由は、すべて、これまで私にご相談いただいた内容で、実際にアカウント復活に成功しているパターン(の一部、一例)です。

この記事では、実際にご相談いただき、アカウント復活に成功した様々なパターンをご紹介したいと思います。

真贋調査のご相談

ご相談いただく内容で最も多いご相談が「真贋調査」への対応方法となります。ご相談内容の7割以上は「真贋調査」のご相談となります。

中でも、最近多いご相談内容の調査がこちら。

※Amazonからのメール

平素は Amazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

出品者様の Amazon 出品用アカウントを以下の理由で審査しております。審査中、アカウントは閉鎖されます。

出品者様のアカウント残高はそのままとなりますが、これらの問題が解決されるまでお振り込みは留保されます。残高や決済情報は、セラーセントラルの「ペイメント」セクションよりご確認いただけます。この件に関するご質問は、payments-funds@amazon.co.jp まで E メールにてお送りください。

Amazon への出品再開をご希望の場合は、以下にご対応いただきますようお願いいたします。

出品者様は、真贋に関するご連絡があった商品を出品しています。該当の商品のリストを以下に示します。

————————————-
ASIN:●●●●●●●●●
ブランド:●●●●●
商品名:●●●●●
————————————-

以下の情報をお送りいただきますようお願いいたします。

— 仕入れ先から発行された、発行日から 365 日以内の請求書、領収書、契約書、配送注文書、または販売許可書のコピー。記載されている商品数が出品者様の在庫と一致している必要があります。

— 出品者様がブランド所有者でない場合、販売許可書と、供給プロセスが正当な手続きを経たものであることを証明する書類一式 (販売許可書を含む)。

— 出品者様がブランド所有者である場合、ブランド登録証明書のコピーと、営業免許証または個人の身分証明書のコピー。

— 仕入れ先の連絡先情報 (名前、電話番号、住所、E メール、ウェブサイト)。

ご提出いただくファイルは、.pdf、.jpg、.png、.gif のいずれかの形式でお送りください。これらの書類は、正規の資料であり、かつ改変されていないものである必要があります。Amazon から仕入れ先に連絡し、提出書類について確認させていただく場合がございますのでご了承ください。価格情報は削除することができますが、それ以外の情報は明示されている必要があります。当サイトでは仕入れ先情報の機密保持に常に努めております。

上記で依頼したすべての情報を pq-seller-assessment@amazon.co.jp にお送りくださいますようお願いいたします。

ご提出いただいた情報を確認し、出品アカウントを再開できるかどうかを判断させていただきます。本日より 17 日以内に必要な情報をご提出いただけなかった場合、Amazon で出品できなくなる可能性がございますのでご了承ください。

ご質問がございましたら、

 カスタマーサービスにご連絡ください。早急に対応いたします (https://sellercentral.amazon.co.jp/hz/contact-us/performance)。

アカウントスペシャリスト

http://www.amazon.co.jp

このパターンのメールがあなたに届き、検索からこのページにたどり着いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このメールを貰った方が、みなさん一律にお話しいただくのは「販売許可書が用意できない」ということ。

たしかに、メーカーとの直契約でもしていないかぎり「販売許可書」なんて用意できそうにもないですよね。

でもこの調査は、ある資料とある資料を用意してメールでしっかりとその資料の説明をしていくことで「メール一本で」アカウント復活に成功します。

この調査が来た時には、どのように対応すればいいか、もう「答え」がわかっているタイプの調査なんです。

しかもこの「販売許可書」は、誰でも簡単に用意できる資料です。この資料の用意には費用も一切かかりません。無料で用意できてしまうものなんです。

この資料を用意して、メール文面を作成して送った結果・・・・

はい、このようにメール一発で復活します。

大事なのは、Amazonからメールが来た時の「1発目」のメール返信が重要だということ。2回、3回とアカスペにメールを送る度に、どんどん復活から遠ざかっていく可能性があります。

このタイプの調査を受けた方は、迷わずに私にご連絡ください。

 

真贋調査のご相談②

上記の真贋調査のタイプとはまた別の真贋調査があります。

※Amazonからのメール

平素は Amazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび出品者様より発送された商品について、購入者より寄せられた商品の信憑性に関するご連絡を調査した結果、出品者様の出品をキャンセルさせていただきました。 出品キャンセルを行った商品は、本 E メールの末尾に記載されております。

出品の再開をご希望の場合は、問題解決の対応と再発防止策の詳細を添えて、改善計画をご提出いただけますようお願いいたします。

改善計画は seller-performance-policy@amazon.co.jp にお送りください。

以下の内容を添えた改善計画:

— 今回の問題の原因
— 今回の問題の解決のために実施した手順
— 今後、同様の問題を防ぐための予防策

この問題の解決を検討する際には次の点をご確認ください。

— 仕入れ先: 信頼のおける仕入れ先から商品を調達しているか。
— 出品情報: Amazon での商品説明は正確か。 説明にあいまいさがなく、お客様に十分な情報が伝わるようになっているか。
— 梱包: 商品が Amazon に掲載されている元の梱包を維持しているか。
— 発送: 適切な手順で品質チェックを実施して、商品の保管、梱包、発送が適切であることが確認されているか。

問題点を正確に把握していただくために、購入者からの連絡の内容を再度確認いただきますようお願いいたします。改善計画にはできるだけ具体的に記載していただけるようお願いいたします。なお、改善計画を作成いただく際には、問題が発生した本件のみに限定せず、今後同様の問題の発生を防ぐための、具体的な対応方針や確認手順をお知らせください。

改善計画の作成について詳しくは、セラーセントラルのヘルプページ (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200370560) をご覧ください。

また、ASIN ごとに以下の情報もご提出ください。

— 仕入れ先から発行された、発行日から 365 日以内の請求書、または領収書の写し。 これらは、同一期間中の出品者様の販売数と対応している必要があります。
— 仕入れ先の連絡先情報 (名前、電話番号、住所、ウェブサイトを含めてください)。
— 審査中の商品資料であることが明確に分かるもの (確認しやすいよう、対象の ASIN を強調表示したり丸で囲ったりしていただけますと幸いです)
— 購入数と出品数の整合性が取れているもの

ご提出いただくファイルは、.pdf、.jpg、.png、.gif のいずれかの形式でお送りください。 これらの書類は、正規の資料で改変されていないものである必要があります。 Amazon から仕入れ先に連絡し、提出書類について確認させていただく場合がございますのでご了承ください。 価格情報は削除することができますが、書類のそれ以外の部分は明示されている必要があります。 当サイトでは仕入れ先情報の機密性維持に常に努めております。

ご提出いただいた情報を確認し、出品を再開できるかどうかを判断させていただきます。 出品者様の商品についてさらに問題に関するご連絡が寄せられた場合には、直ちにアカウントを閉鎖させていただく場合がございますのでご了承ください。

Amazon のポリシーについて詳しくは、セラーセントラルのヘルプページをご覧ください。

— Amazon 偽造品の取り組み (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/201165970)
— 規約・ガイドライン (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/521)
— 出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項
 (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200386250)
— 商品詳細ページの規則 (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200339950)
— コンディション・ガイドライン (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200339950)

アカウントの健全性については、セラーセントラルの「パフォーマンス」セクション (https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/seller-rating/pages/performance-summary.ht…) でご確認いただけます。

ご不明な点は、 カスタマーサービスにご連絡ください。早急に対応いたします(https://sellercentral.amazon.co.jp/hz/contact-us/performance)。

————————————-
問題の種類:真贋に関するご連絡があった商品
ASIN:●●●●●●●●●
商品名:●●●●●●●●●
————————————-

アカウントスペシャリスト
http://www.amazon.co.jp

こちらのタイプの調査の方が、より作りこんだ資料を提出する必要があります。

Amazonから求められていることは何なのか、逆に提出する必要のない情報は何なのか、言うべきことはしっかりと報告書に含めているか、余計なことを伝えていないか、これらのことの全てに気を使いながらあなた独自の改善報告書を作成し提出する必要があります。

上記で求められている「仕入れ先から発行された、発行日から 365 日以内の請求書」を提出しなければいけないことは必ず必要です。でもその方の仕入状況によっては、請求書が用意できない、ということもありますよね。

そのケースでわたしにご相談いただく方も多くいらっしゃいます。状況をお聞きして、対応のお手伝いをさせていただいたところ・・・

このように、しっかりとアカウント復活成功できます。

 

上の2つが、最も相談の多い「真贋調査」のパターンの代表例です。

次からは、

  • 真贋以外の基本的な調査パターン
  • 珍しい相談内容あれこ

をご紹介いたします。ご紹介する例は「全てアカウント復活成功」しております。

 

アカウント閉鎖の状態から「復活できますか?」

けっこうこの状態からご相談に来ていただく方も多いです。

わたしにとっては「閉鎖からでも復活できる」って、もう当たり前になってるんですが、なんかどこかの誰かが「閉鎖になったら復活はムリ」とか言ってる人でもいるんでしょうか。

未だにご相談者の方から「停止からは復活できるけど、閉鎖したら無理なんですよね」って言われることがけっこうあります。

全くそんなことないですよ。やるべき交渉をしっかりと行うことで、問題なく復活できます。

閉鎖の状態からご相談いただいた方に対応させていただき・・・

このように、停止からではなく、閉鎖の状態からでも復活可能です。

 

他の交渉代行を利用したものの復活できずに・・・「助けて!」

この方は、わたしにご相談いただく前にネットで見つけたどちらかの所で「Amazonとの交渉のお手伝いやさん」にお願いをしていたそうなんです。

そちらに依頼をしてアカウンスペシャリストとの交渉を3度4度とやったものの復活できず、「あれ?このままではヤバイかも・・・!?」と感じたということで、そのタイミングから私にご相談をいただきました。

アカウントが停止になった経緯や、これまでの交渉の流れを全て確認させていただいて、これまでの交渉の大枠を大きく崩すことなく、不足している内容は付けたし、逆に余分な部分をそぎ落とし、必要十分な内容に精査することを意識しながらAmazonとの交渉をお手伝いさせていただきました。

その結果・・・

他の交渉お手伝い屋さんで、何回やっても復活できなかった案件が、わたしが対応させていただいたところ、一発で復活に成功しました。

わたしへのご連絡はこちらからお受けしております。

 

商標権98件の侵害と発送遅延のダブルパンチでのアカウント閉鎖

なかなか珍しい形でのご相談でした。

この方は、いわゆる「無在庫販売」をやっていて、商品の大量出品登録、そして売れた商品は自己発送というスタイルの販売をしていらっしゃいました。

お分かりになる方も多いと思いますが、このスタイルの販売方法は、とにかく大量出品が基本。数千商品なんてかわいいもので、数万~数十万の商品を出品しているかたも。

(これまで私にご相談いただいた方の最高記録は「200万商品」という方がいらっしゃいました。スゴイ登録数ですね。)

それだけの商品数を登録すると、どうしても「知的財産権」に触れる商品を出品してしまいますよね。

このご相談者の方は、なんと「98件」の知的財産権の侵害の申し立てを起こされてしまいアカウント停止。そして、売れた商品を自分で購入者の方に発送する「自己発送」についても、Amazonが定める発送基準に大幅に遅れてしまい「発送遅延によるパフォーマンス低下でのアカウント停止」というダブルパンチのアカウントが止まってしまった方です。

2つの理由でアカウントを停止された、というのは、私もはじめて対応するケースでした。しかもこの2つの停止理由は、改善報告書を審査するAmazonの部署も違うんですよね。

2つ同時に改善報告書の作成を進め交渉していくことで、最後には無事にアカウント復活となりました。

 

4年前の閉鎖アカウントって、復活できますか・・・?

これもなかなか、珍しいパターンのご相談でした。「3つのアカウントを運用していて紐づきで閉鎖になっているんですが、復活できますか?」

と、ここまではよくあるご相談なんですが、

「実は閉鎖になったのが、4年前なんです。大丈夫でしょうか?」

ということでした。

私の考えでは、停止だろうが閉鎖だろうがやることやれば復活することは間違いない、ということはすでに答えをもっていましたが、期間的な制限はあるのか?これに対する答えを持っていませんでした。

「Amazonアカウントの復活に閉鎖からの時期的な期限はない」

この答えを確信できるかどうかのモデルケースになる交渉でした。

紐づき閉鎖になった状況をお聞きし、「関連性のあるアカウントはありません。」ということを外堀を埋めつつ、これを証明する資料を用意し、じゅうぶんな資料をそろえたところでアカウンスペシャリストにメールを送った結果・・・。

なんと、4年前の閉鎖アカウントが、メール送信からたった1時間でアカウント復活に成功してしまいました!

この成功実績によって、一つの答え、

「閉鎖アカウントの復活には期限はない。」ということがわかりました。

 

正真正銘の「偽物」を売っちゃってました・・・。

この手のご相談は時々いただきます。

Amazonから真贋調査が入ったとのことで、FBA倉庫内のまだ売れてない在庫を返送して自分でも確認してみたところ、ご本人は「正規品」だと思って納品していた商品が、なんと「偽物」を納品してしまっていた、というものです。

そのご本人も、納品した時点では「本物」だと完全に信じて納品しているわけです。ところが購入者からの「これ偽物ではないですか?」というコメントを受けて、あわてて商品を確認したら偽物だったという・・・。

ある家電製品、あるゲーム関連グッズ、ある美容関連グッズ、の商品でこの手の相談がけっこうあります。

具体的な商品名を明記することは避けますが、この手のご相談者の方は、この3つの商品のどれかを扱っているケースが多いです。

そして、このタイプの商品を扱っている方は、「ヤフオク」「メルカリ」「ラクマ」仕入の方が90%、残りの10%の方はリサイクルショップ仕入れ。

つまり、「正規の卸業者」から商品を仕入ているわけではないので、真贋調査の時にAmazonに提出する請求書がだせないということです。

この時に一番やってはいけない対応が「請求書を作ってしまうこと」です。(ご相談いただく方で、時々この対応をしてしまっている人がいます・・。)

この場合も、戦略を持ってAmazonと交渉していくことで・・・、画像のように、しっかりとアカウント復活に成功可能です。

 

オークリー、レイバンの出品許可がないのに出品したことによる閉鎖

本来出品許可が必要な商品。ブランド品などが該当するのですが、その商品ページを作成した人が「ノーブランド品」として(誤って?意図的に?)商品ページを作成しているために、許可を取得していない人でも、出品ができる状態になってしまっているページがあったりします。

このページには、Amazonからの許可をもらっていなくても相乗り出品できてしまうのですが、ある時、Amazonから「許可ない人は出品してはだめですよ!」というお叱りのアカウント停止をくらってしまうことになります。

(なので、こういったページがあったとしても出品はしないようにしましょう)

ちゃんと出品許可を取得してから堂々と出品すればアカウント停止なんてことにはなりません。

出品許可の取得もお手伝いできますので、いつでもお気軽にご相談・お声かけください。

無許可で販売している人にある日、Amazonから届くメールは下記のようなものです。

※下記は「レイバン」「オークリー」のブランドを販売していた人に届いた内容です。英文で届いた内容をgoogle翻訳した文面

あなたのAmazonセラーアカウントは一時的に無効にされています。あなたの出品リストは削除されました。次の問題に対処するためにGoogleがお客様と協力している間、資金はお客様には振込されませんが、お客様のアカウントに保留されます。

なんでこんなことが起こっているの?

あなたは販売することが承認されていないブランドの下に商品をリストしました。これは私たちの方針に違反しています。下記のブランドを販売するための事前承認要件があります。顧客がAmazonに自信を持って買い物をすることができるようにするために、我々は売り手が特定の製品とブランドをリストする追加の承認を得ることを要求するかもしれません。

出品の承認要件に関するAmazonのポリシーの詳細については、セラーセントラルのヘルプをご覧ください。

 – 承認が必要なカテゴリと製品(https://sellercentral.amazon.com/gp/help/G200333160)

 – ポリシーと契約(https://sellercentral.amazon.com/gp/help/521)

あなたはこのブランドの下にアイテムをリストすることを承認されていません:

RayBan
オークリー

アカウントを再開するにはどうすればよいですか。
販売アカウントを再開するには、次の情報を送信してください。

説明する行動計画

 – 上記のポリシー違反の原因となった根本的な原因。
 – 上記のポリシー違反を解決するために講じた措置。
 – 上記の方針に対する将来の違反を防ぐために講じた措置。

送信できるのは、.pdf、.jpg、.png、または.gifファイルのみです。

必要な情報を送信するにはどうすればいいですか。
必要な情報をSeller-performance-policy@amazon.comに送信してください。

要求された情報を送信しないとどうなりますか?

要求された情報が17日以内、または2回の不服申し立ての後(どちらか早いほう)に届かない場合、お客様のアカウントは無効になる可能性があります。

プランの作成については、セラーセントラルのヘルプ(https://sellercentral.amazon.com/gp/help/200370560)を参照してください。あなたは、セラーセントラルの支払いセクションであなたの残高と決済情報を見ることができます。それらについて質問がある場合は、payment-funds @ amazon.comにお問い合わせください。

あなたのアカウントは誤って無効にされましたか?

間違いがあったと思われる場合は、説明を送信してください。説明には次の情報を含める必要があります。

 – あなたのアカウントが承認を必要とするカテゴリと製品に関するGoogleのポリシーに違反していない方法(https://sellercentral.amazon.com/gp/help/G200333160)
– 上記のブランドを販売する承認を受けたことを証明する証拠または例

アカウントスペシャリスト
Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/marketplace

このメールが届き、ご自身でアカスペとヘタに対応する前にすぐに私にご相談をいただいた方がいらっしゃいます。

アカスペに対するメール返答文のお手伝いをさせていただいた結果・・。

こちらもメール一本でのアカウント復活となりました。

アカウント復活のご連絡はこちらからお受けしております。

2019年2月16日 記:まだまだアカウント復活事例はあります^^
徐々に記事を追記していきます。

2019年2月11日 Amazonアカウント停止から閉鎖削除に!からの復活成功パターン全事例 はコメントを受け付けていません。 せどり アカウント停止・復活